お世話になった方へのお歳暮を贈るマナー

お歳暮とは、年の暮れにお世話になった方たちに感謝の気持ちを込めて品物を贈ります。
昔は、会社の上司や先輩に贈ることが多かったですが、最近は上司に品物を贈ることを禁止している会社もありますので確認してから贈ると良いです。
最近は、普段お世話になっている両親や親族・友人などに贈る人が増えています。
お歳暮を贈るマナーですが、時期は12月上旬から20日ころまでに贈りましょう。
贈る相手のお宅へ伺って直接、感謝の言葉と一緒に贈り物を渡すのが一番良い方法ですが、遠方であったり忙しい生活送っている人も多いので、宅配でお届けするのが最近の贈り方のスタイルです。
宅配で贈る前に、品物をお届けすことをお知らせして、感謝の言葉を伝える送り状を贈るのが正式なマナーです。
いきなり品物だけが届くのでは、先方も驚いてしまいます。
忙しい時間の中でできるだけ送り状は書きましょう。
お歳暮は一年間の感謝の気持ちを表す大事な行事のひとつです。
ぜひ、無理のない範囲で続けていくことを勧めます。