お歳暮で絶対に守りたいマナー

お歳暮はただものを送るのだけでなく、ある程度のマナーも必要となってきます。
ここで正しいマナーを学んでおきましょう。
お歳暮の贈り物にかかっている紙のことを「のし紙」といいます。
のし紙は紅白(普通は赤色と金色で印刷されています)の花結び(または蝶結び)の熨斗がついているデザインのものを選びます。
表には濃い墨を使って楷書体で書くのが基本ですが、最近は印刷してトナーでそれを再現しているものも多いです。
(そちらの方が多く感じます。
)そして献辞は水引の中央結び目の上に「お歳暮」と書きます。
名前書きにはその下にやや小さめにして「フルネーム」で書くのが基本です。
これらも濃い墨で書くのが基本ですがここでもやはりトナーでの再現が多くなっています。
本来は手渡しするのが習わしですが、今は全国の人にそれを贈る場合が多く、それがし難くなっています。
なのでデパートや百貨店などで送ったり、相手側に宅配便で贈ることも多くなっています。
その時のお礼の言い方について学んでいきましょう。
相手が友人や身内であれば電話で十分です。
しかし日常からとてもお世話になっている方には、その中に挨拶状を封入しておいたり、届くと思うときに手紙やはがきで挨拶をするのも礼儀です。
これらの点をマスターして社会人として、相手にいい気持ちを持たせることができるように頑張りましょう。